価格 円~
ジャンル
ジャンル 自由入力  
コンディション レコード: 以上   /    ジャケット: 以上
フォーマット
(複数選択可)
  •  

    アーティスト:GENE ALLISON (5件)

    • GENE ALLISON
    • YOU CAN MAKE IT IF YOU TRY HAVE FAITH / HOW LONG~
    [ 7" ] オンラインショップ価格オンラインショップ価格と店頭価格は異なる場合があります。
    オンラインショップ価格で店頭にてお買い上げになりたい場合は、オンラインショップから<店頭引取り注文>を選択してご注文ください。
    ¥1,480 (税込)
    (US) REF-O-REE / 727
    RECORD[ EX- ] JACKET[ - ] ABOUNT CONDITION

    ブルース・ロッキンなR&B!

    テネシー出身のR&Bシンガー。なんと言ってもダーティーなブルース・ロックをブチかますバックにエグさ満点のヴォーカルが強烈な「HOWLONG'S THE TRAIN BEEN GONE」に尽きます!ドラムもファットで最高!REF-O-REE ORIGINAL盤!

    [ 7" ] オンラインショップ価格オンラインショップ価格と店頭価格は異なる場合があります。
    オンラインショップ価格で店頭にてお買い上げになりたい場合は、オンラインショップから<店頭引取り注文>を選択してご注文ください。
    ¥1,580 (税込)
    (US) CHAMPION / 1959 / 1008
    RECORD[ VG+ ] JACKET[ - ] ABOUNT CONDITION

    ジャイヴィン・ロックンロール&アーリー・ソウル/リズム&ブルース!

    DECCAやVEE JAYを中心に活動したテネシー出身のRHYTHM & BLUESシンガーGENE ALLISON!ジャイヴ/オールディーズ好きも卒倒の高速ロッカー「IF THINGS DON'T CHANGE」がオススメ!ホーン・セクションの洒落た「GOODBYE MY LOVE」もクール!

    [ 7" ] オンラインショップ価格オンラインショップ価格と店頭価格は異なる場合があります。
    オンラインショップ価格で店頭にてお買い上げになりたい場合は、オンラインショップから<店頭引取り注文>を選択してご注文ください。
    ¥1,480 (税込)
    SOUL /  SOUL /  60'S  / 50'S / RHYTHM & BLUES / BLUES / OLDIES
    (US) VEE-JAY / 1959 / VJ 305
    RECORD[ VG+ ] JACKET[ - ] ABOUNT CONDITION

    フロア・シェイカーな50'Sリズム&ブルース!

    50'Sアメリカンなメロディーに、小粋でダンサブルなビートがナイスなRHYTHM & BLUES「REAP WHAT YOU SOW」、こみ上げる男泣きバラード「TELL ME THE TRUTH」を収録。
    US ORIGINAL盤!

    [ 7" ] オンラインショップ価格オンラインショップ価格と店頭価格は異なる場合があります。
    オンラインショップ価格で店頭にてお買い上げになりたい場合は、オンラインショップから<店頭引取り注文>を選択してご注文ください。
    ¥1,280 (税込)
    (US) VEE JAY
    RECORD[ VG+ ] JACKET[ - ] ABOUNT CONDITION

    小粋なダンサブルR&B!

    テネシー出身のR&Bシンガー!ノスタルジックなメロディに小粋でダンサブルなビートがナイスなR&B「TELL ME SUGAR BABY」が良い!

    [ 7" ] オンラインショップ価格オンラインショップ価格と店頭価格は異なる場合があります。
    オンラインショップ価格で店頭にてお買い上げになりたい場合は、オンラインショップから<店頭引取り注文>を選択してご注文ください。
    ¥1,180 (税込)
    SOUL /  SOUL /  60'S  / BLUES / RHYTHM & BLUES
    (US) CHEROKEE / 1960 / 1022
    RECORD[ VG ] JACKET[ - ] ABOUNT CONDITION

    どこかポップなスロー・ブルース!

    DECCAやVEE JAYを中心に活動したテネシー出身のRHYTHM & BLUESシンガーGENE ALLISON!渋みもありながら、どこかポップネス溢れるスロー・ブルースを、粋に歌った「YOU GONNA BE SORRY」、「I KNOW I CAN MAKE IT」両面ともに味わい深い!